今日の人気記事

銀行

70 :名無しさん@おーぷん 2016/01/08(金) 15:28:03 ID:g3Q
関東で夫婦で会社を興した
先日、取引先の紹介で某銀行を紹介してもらった
某支店の支店長と若い営業が2人してやってきたんだが、支店長の名刺を見たら私の父親と同姓同名だった
さすがにその場で口には出さなかったが、話しているうちに私と支店長の地元(九州)が同じということがわかり、
さらにその他の内容からどう考えても自分の父親にしか思えなくて、話の流れでそれとなく
「私、旧姓○○っていうんですよね。生まれは○○町なんですけど」と言ったけど
別に支店長の顔色が変わることもなく、そのまま仕事の話をして終わった

後日、支店長から個人的に電話をもらったけど、本当に父親だった・・・

30年近く前に両親が離婚して、養育費も財産分与もなく、行き場のない母子を追い出した飲んだくれ親父
私は当時2歳だったので父親の顔を覚えてはいないし、お互い同じだと思う
父親につけられた顔の傷がまだ残っていたので、相手はそれと旧姓・生まれの町の情報から娘だと確信したみたい
当時地方公務員だったのに、いつの間にか某銀行に転職してたとは・・・
そしてまさか地元から1000㎞以上離れたところで出会うとはwww

離婚歴があることを周りに内緒にしているので、余計なことは話さないでほしいと言われたので、
「余計なことってなんですか?営業の○○さんに私たちが親子だって話しちゃうとか?
 あー、でもそれって世間話的にはいい話題ですよねえ」
って何気なく言ったら、いきなり生前分与したいと申し出てきた

でもお父さんには私の他にお子さんがいるそうだし、どうしようかなー、そちらの家庭の問題でもありますよね
と、結論を出さずニラニラしながら様子をうかがってる←今ココ

もうすぐ定年だそうだね、お父さん
定年後も指導役として残るんじゃないかって営業の○○さんが言ってたよ
口の軽い営業がいて困ったもんだね
私が娘だって言ったら、どこまで広がるんだろうね


まあ、余計なことをするつもりはないから安心してください
あなたが亡くなった後に遺留分だけいただくつもりです
そのとき遺産がどのくらい目減りしても、私はそもそもそんなものアテにしてませんから気にしませんよ
それよりもしばらく肝冷やしててくれるほうが嬉しいね


265 :名無しの心子知らず 2012/12/27(木) 11:30:16 ID:55NNPiro
解決記念に書き込みします。

秋口に「詐欺師に銀行口座を売った」容疑で事情聴取を受けました。
今年銀行に就職した従妹に頼まれて開設して1000円入れただけで
そのままになっていた子供名義の通帳を詐欺師が所持していたと。
まったく身に覚えなく、困っていたのですが
その後の捜査で詐欺師Aが通帳を入手した経路が判明
それが、子供の同級生Bママ・・・
遊びに行った先で盗み出して、生年月日や記念日など
暗証番号のヒントになりそうなメモとともにAに売却。
数十万円受け取っていたそうな。

Aが使っていたり持っていた通帳の中に、
私以外にもママ友数名の通帳があり、
Bは主婦仲間と共謀した金儲けだと主張。
なんと、時々カフェやファミレスなんかで「今日はおごるわ!」
と言っていた時のレシートを証拠として提出したそうだ。
思い返せばその時に暗証番号の話になったっけな・・・
捜査員のみなさんの尽力で真相が明らかになり
私達は潔白が証明されました。

--改行大杉エラーにより、分けます。

776�@ 2008/12/09(火) 17:49:42 0
大学を卒業後、高校時代から付き合っていたボーイフレンドと結婚した。
私の親がとても厳しく、結婚前に外泊することも
彼との旅行も許されず、
いい加減に「女友達と・・・」と嘘ついたり、アリバイ工作したりすることに疲れたから、
いっそのこと結婚してしまえ!と
彼と入籍。
お金が無かったから、二人で働いて貯金して
結婚資金を貯めようって決めていた。

ママゴトみたいな生活だった。
週末二人でスーパーに行ったり、アパートの台所に二人で立ったり
それはそれで楽しかった。


で、私の収入は丸々貯金、生活は彼の収入で・・・・で2年が過ぎた。
預金残高は500マソを超えていた。
コレで、式を挙げよう、そしてもう少しマシなマンソンにでも引っ越そう。
それから子どももそろそろ作ろう、私達は夢いっぱいだった。
会社帰りに結婚式場のパンフレットを貰って帰ってきた日、
旦那に「今週末、一緒に見に行こうよ」と言ったが、なんかモニョモニョしてる。
「通帳を落とした」と旦那が言う。
私は焦って翌朝銀行に電話し、カードを止めて再発行の手続きをとった。
しかし、再発行された通帳の残高は0。
「盗まれた?警察に行こう!警察に!!」
と騒ぐ私。
旦那がその場で真っ青になって倒れた。
旦那が救急車で運ばれてから、銀行に行くと引き落としたのは旦那本人だった。


607: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/04(日) 10:03:41.00 ID:wcot+2MT
暑い時期になると思い出す、
友人から聞いた衝撃話。
ド田舎の銀行勤務の友人の、
10年ほど前の勤務先は、
ド田舎県の中でもド田舎の支店。
それでも銀行だから
「1円合わなかったら帰れない」
はあったらしい。

そんな中、
上は麦わら帽子に男性用肌着、
下はモンペなおじいさんが来店した。
窓口に来て
「誰か来てくれんか」
と声をかけられ、友人が対応。

ATMの使い方でも聞かれるのかな?
と思ったら、おじいさんは
「あそこにある金を口座に入金したい」
というようなことを言いながら
友人の手を引く。
はいはいと付いて行ったら、
炎天下の銀行前駐車場にリヤカー。
満載の「なす」「ピーマン」
「きゅうり」「トマト」等と書かれた段ボール。

「タンス預金していたが、
近所で強盗殺人事件があったので、
物騒だし不安になった」
と言うおじいさん。
中に入っていたのはほぼ全て万札。
一部5000円札や
1000円札もあったが9割以上が万札。

慌てて支店長に報告に走って、
支店長や次長、
外回りから帰ってきた営業や出納担当など、
とにかく窓口で接客していた行員以外
全員がリヤカーに。

裏口からリヤカーごと店内に入れ、
おじいさんを応接室に通してお茶を出した後、
その場の全員で機械と人力フル稼働で計測。
しかし、おじいさん本人が
「いくら持ってきたかわからない」なので、
何回も何回も機械で数え、
機械のミスに備えて人間が数え直し、
更に機械で数え直したものを
また別の人がチェックして…を繰り返して、
最終的に確定した金額は約3億5000万。

数えるのに数時間かかり、
おじいさんは帰りたがったらしいが、
そういうわけにもいかないので
大変だったらしい。

「まさか農作業の帰りにしか見えないおじいちゃんが、
3億5000万をリヤカーで
引っ張ってるとはだれも思うまい…」
だが、友人曰く、
おじいさんは自宅からほぼ5kmを
リヤカーで移動してきたらしい。
熱中症で倒れたらどうすんだ。

帰りは遅くなった&大口顧客になったので
行員が送ろうとしたが、
「リヤカー残しては行けん」
とリヤカー引っ張って帰ったとか。
強盗に遭わないよう、
男性行員二人が同行したそうだ。

このページのトップヘ