今日の人気記事

関係無い

  • カテゴリ:
628 :名無しさん@HOME 2012/04/19(木) 17:32:37 0
夫の兄嫁さんがトメにいびられてた。
気づいてなかったけど私もいびられてた、らしい。
「らしい」というのは、私は物事に熱中すると他のことが耳にも目にも入らなくなる傾向があるので気がつかなかった。
あと、興味のないことはあまり脳みそが理解しないアホだったから。
嫁としてどうなのかとは自分でも思うけど、結婚当初から私はトメに興味が無かった。
トメにいろいろ話しかけられてたけど「はあ」と返事して流してた。
これが嫌味だったらしいけど、脳みそが咀嚼してないので不愉快にはなってなかった。
でも兄嫁さんは人の話を興味持ってとてもよく聞いてくれる人。
遠まわしの嫌味もすぐ理解してしまうくらい察しと頭が良い人だった。
私がトメに嫌味を言われてるのを見て、人ごとながら心配してたらしい。
兄嫁さんは、自分への嫁イビリと弟嫁(私)への嫁イビリの目撃とで、とうとう精神的に限界に来た。
「ごめんね、弟嫁ちゃんを一人にしちゃかわいそうって思って頑張ったけどもう無理みたい」
と義実家へ顔を出さなくなった。
楽観的だった夫の兄も妻の限界を見て、とうとうトメを怒って義実家に来なくなった。
私の夫も私を心配してたが、実家に行かないという選択肢はなかったらしい。
そこでようやく私もイビリに気がついた。
というか、一連の騒動を見てトメに関心を向けた結果、トメが嫌味を言ってることを理解した。
でも、嫌味あっても今まで特に問題無かったし、こっちが興味を示さなければ無いのと同じ。
兄嫁さんが来なくなったことと、息子に嫌われたからか、嫌味と嫌がらせがますます悪化してきた。
とうとう、靴を隠すとか物理的な行動に出るようになってきた。


136 :恋人は名無しさん 2016/11/06(日) 20:37:15 ID:RV/Y/I3s0.net
お邪魔します。
家に帰ってきたし頭の整理がてらに吐き出し。
カラオケで彼に本気で「一回でいいからボコらせて。うんって言って。お願い」とスマホで録画しながら頼まれてスレタイ
「無理無理無理!」
「とりあえずうんって言うだけでいいから!な、お願い!一回だけでいいから!」
私半泣き。意味不明。メチャクチャ怖い。
彼に理由を聞いてみた女を殴りまくって過去のトラウマを一掃させたいらしい。
私関係なさすぎ。
「一回だけ!本当に一回だけ!もし怪我したら治療費払うし!」と何度も懇願する彼に「ここ、監視カメラあるしあなたの発言全部記録されてるけど警察行く?どうする?」と聞いたら「怖ッ!怯えてるふりしてそんな事考えてた訳!?やっぱ女って腹黒いわ!」と顔を歪ませた。
そのまま三千円だけ置いて「一生連絡してこないで」と言って先に店を出てきたけど未だに恐怖と不安が治まらない。

103 :名無しさん@おーぷん 2017/09/21(木) 13:40:13 ID:hMH
食に対する姿勢?が異なり過ぎていた時。長いです。
私の元彼は一口交換する人だった。例えば私が唐揚げ定食を頼むと、
「じゃあ俺はカツ丼定食頼むね。一口交換して食べよう?」
と言って来て私の唐揚げ1個とカツ丼1切れを交換する。元彼曰く、「いろんな物が食べれていいよね」とのことだったけど私は別にカツ丼を食べたかったわけじゃないから迷惑だった。正直いらない。
他にもラーメン屋さんに入り私が醤油を頼むと元彼は味噌を選び一口交換しよう?の流れになる。
ここで私が「やっぱり味噌にする」と言うと元彼は「じゃあ俺醤油にするね。私ちゃんもふたつの味食べられて嬉しいでしょ?」と必ず変えてくる。
元彼の「私のためにわざわざ違うものを頼んでる俺優しい」が伝わって来てウザかった。

彼は私がコンビニなどで買って来たお菓子を勝手に空けて食べ始めるし飲み物は飲み干してしまう。もちろん私のお金。
私が彼の家に行く形で会っていたのだが毎回これだから何も買わなくなった。ちなみに元彼が私に食べ物を買ってくれたことはない。
一度やめてくれと言ったら、
「私ちゃんすぐお腹いっぱいになるから食べてあげようと思って…」
とのこと。私一口も食べてないんですけど。

他にも、私は辛いものやスパイシー系が苦手なので七味や辛子などの薬味を使わない。私が薬味を使わないで食べているのを見ると、
「薬味使ったら美味しくなるよ?使いなよ?」
と毎回毎回食事のたびに言われる。仕方なく使って食べてもやっぱり好きになれないから使わない。これを永遠とやらされる。

元彼とご飯を食べるのが段々苦痛になり、一緒にご飯を食べると食べ物の味がしないと正直に伝えたところ、
「私ちゃんのためにやったのに!俺は私ちゃんのことを思ってやってあげたんだよ?」
と言われ話通じなくて冷めた。この元彼は料理人だからこだわりが強かったのかなぁと今では思う。

このページのトップヘ