今日の人気記事

階段

707 :名無しさん@おーぷん 2015/06/29(月) 14:25:28 ID:YnQ
プチだけど。
幼稚園くらいの頃。私はすべり台が大好きだった。
だから公園に行く度にすべり台に突進してたんだけどあるきっかけがあってからはすべり台に近寄らなくなった。

いつもの様にすべり台に突進して階段を登ってたんだけど
ちょっと前に見たテレビで見た宝塚のきらびやかさに憧れたというか影響されまくっていた私は
この階段をあの人(宝塚の人)みたいに手を離して優雅に登ったら私カッコイイ!!
と、頂上一歩手前で突然手すりから手を離した。
足元も見ないで上に登ろうとした瞬間普通に足を踏み外して
何故かズルズルっと転ばず
ポーン!と後ろに飛んだ。
ここからはスローモーションだったのはすごく覚えてる。
割と高いすべり台の頂上からどこにも引っかからず落ちる。
スカートがふわーってパラシュートみたいに膨らんで
わーふんわりスカートだ!
と微妙に嬉しくなってたけど
地面は砂利。自分の三倍くらいの高さからの落下中
母は離れたベンチから私をみてたからもちろん助けてくれる距離にはいなかったし
あれ?これ私痛くなるやつだ!と急に怖くなった。
ドン!と地面についた衝撃があったけど何故か痛くなかった。
でも怖くてワンワン泣いてたんだけど、母じゃない女忄生の声がして、
母の有難うございます!すみませんでした!
って声が聞こえてやっと気づいた。
母より近くにいたおばあさんが私を見てとっさに駆け寄って
落下する私をキャッチしてくれていた。

母には手を離すんじゃない!ってしこたま叱られたけど、
おばあさんのおかげで無傷で済んだ。
私的にも落下するスローモーションは修羅場だったし
娘が突然落ちた母も修羅場だったろうし
なにより目の前ですべり台から子供が飛んできてとっさに対応してくれたおばあさんが1番の修羅場だったと思う。


726 :名無しさん@おーぷん 2020/03/18(水) 21:50:54 ID:7P.q9.L1
今日の帰り、駅の階段を下りていると前を歩いていた男の頭が急にガクッと下がった。
思わず視線を送ると、男の片手にはスマホ。
スマホ見ながら歩いてて踏み外したのか?おいおいこんな帰宅時間帯の混みまくってる階段であぶねーなー……と思ってたら、なんとその男はまたスマホを見ながら階段を下り始めてスレタイ。

ついさっき踏み外したのにまたやるって、学習能力とか危機管理能力が0なのか?自分が階段から落ちて怪我しようがタヒのうが他人を巻き込んで怪我させようが杀殳そうがかまわないほどのなにかがそのスマホにはあるのか?
多分そこまで考えてないんだろうな。なんにも考えないで生きてるからそんなことが出来ちゃうんだろうな 。
人混みや危険な場所で歩きスマホするような馬廘が怪我したりタヒぬときは、どうか誰も巻き込まず一人でやってくれと願ってやまない。

748 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 11:01:43 ID:QgO0YC2x.net
夕べ2時頃そろそろ寝ようかと二階へ上がろうとしたら階段をムカデが登ろうとしていた
声にならない悲鳴を上げてやっとのことでペットボトルに入れて蓋したけど
動悸息切れ脂汗が止まらず3時半くらいまで寝られなかった
Gはいいけどムカデは嫌!

435 :名無しさん@HOME 2015/12/19(土) 11:02:44 0.net
今日のトメ
妊娠してる私を階段から突き落とそうとして
自分が落ちていって複雑骨折とか開放骨折とか
病院で自爆して医者から説教されるが聞いちゃいねぇし
双子妊娠は畜/生が生まれるから頃すんだと
絶縁しないと本当に頃されかねん
夫がごねたら離婚する覚悟でいなきゃ

236 :名無しさん@HOME 2011/10/23(日) 09:07:47 O
無意識にDQN返しになった。

旦那は末っ子なのだが、トメは旦那が一番可愛かったらしい。
なので、旦那と結婚した私が大嫌い。
義兄達がどんなに〆ても嫌がらせを繰り返すので、ウトさん公認で義実家に出入りはしなくなった。

先日、ウトさんの還暦祝いがあって久々に義実家に行ったが祝いの席でも
トメは私にどうでもいい事で突っ掛かり、グダグダ言いまくり。
そんな中、義兄の子がジュースをこぼしタオルを取りに2階へ上がった。
階段を降りようとした時、「まだ使うかも知れないしもう2枚位持って行くか。」と振り返ったら
私の背後でトメがまさに私を突き落とそうと腕を伸ばそうとしていた。
私は慌てて階段の手すりを掴んだが、トメはそのまま階段を落下。
トメは私が階段を突き落としたと言っていたが、誰にも信用されず
只今両腕骨折で入院中。

後ろを振り返ってトメが笑いながら腕を伸ばそうとしてた時の恐怖は生きてきた中で一番怖かった。

14: 名無しさん@HOME 2011/01/24(月) 17:26:08 0

このお正月に、義父に
「食後にお茶飲みたいな。」と言われた。だから入れてって事でしょうね。
「へーそうなんですか。私は食後だからってのどかわきませんね。」 と、ただの会話として返事をした。
義母がびっくりして、
「お茶の見たいって言うことよ。お願いね。」 とフォローする。
「何で?」
「嫁でしょ。」
「はっはっは。○○(私の旦那)の嫁で、義父の嫁じゃないですよ~。」
と、ここで別室にいる旦那に向かって
「○○~ お父さんがお茶飲みたいって~!入れて~!」
「何で俺?」
「あんたしか入れる人いないよ~。」
「オカンは~?」
「入れないってよ~。」
旦那が怒って階段下りてきて、激しい会話(喧嘩口調の)が始まった。
楽しかったよ~
しかし、言うことを聞かない嫁をずーっとやってるのに、まだこんな事言われる。
老人て哀れだね。


284: 名無しさん@おーぷん 2015/03/16(月)23:51:25 ID:6Gp

いやもうさっきは参った。
ちょっと長くなるけどゴメン、吐き出させて

年度末だし、今度旦那の職場の飲み会あるらしいんだけど
珍しくも帰りに駅まで迎えに来いと言われた。
で、その時間が夜の10時半頃だと



うちにはもうじき幼稚園の3歳児がいて、
当然その時間には寝てるんだけど
家には階段もある。いまだにゲートもつけてるけど、
子はもう自分で開けちゃう。
その時間ならめったに起きないんだけれど
もしも起きて階段から落ちたりとかしたら怖いし、泣いても可哀想だ
仕方ない。起こして連れてくかー、って前提で話してたら、
家に置いて迎えに来いってさ

「絶対起きないから」
「15分程度なら平気だ」
(自分の運転で駅まで往復だと15分じゃ済まない。
しかも新車で夜の運転慣れてない)
「寝てる子15分放置して起こった事件があるか!?」
(あるよね?)
って怒りだしてさ、挙句の果てに
「その事件の例出してみろ」
「役にたたねーなー!」
「わかったよ飲まないよ!(だから自分で運転する)」だってさ

なんていうか、
普段神経質なほど子の虫歯とかそういうことに気を遣ってるのになぁ
こういう点で謎のモラハラ感をたまに発揮するのはどういうことなんだろう

228: 1/2 2013/06/27(木) 20:27:25.00
新郎新婦(姉と義兄)が不幸ってか不運な結婚式だった。

チャペルでの挙式の後、フラワーシャワーするのに待っていた私達。
そこの式場は螺旋階段があって、新郎新婦が降りてくるのはドラマ撮影みたいで素敵。
司会者の「新郎新婦のご登場です!」の掛け声と共に扉が開き、姉と義兄が出てきた。
私含む未婚女性は「わー何かの撮影みたい!」とキャッキャッしていたんだけど
突然、新婦がガクンと躓いた風に見えた途端、二人ともゴロゴロしながら落ちてきた。
あまりの事に、下で待機していた招待客一同は固まり、踊場で待機していた親族一同も
動けず言葉も出てこなかった。落ちてきた新郎新婦は、踊り場で止まり動かなかった。
スタッフさんが叫ぶように「○○様、××様!」って言いながら走ってきたのを
きっかけに、私と新郎兄が二人に駆け寄り、無事を確認。生きていて一安心。
新郎は、新婦を庇っていたものの、新婦は腕に怪我。たぶん、柵?で切ったみたい。
その後、両家両親に叱られている新郎と怪我を心配される新婦という混乱の中
スタッフさんが、手当てをしてくれ病院へ・・・と言うのを制止する二人。
「行きなよ」と言ったけど「せっかく来て下さった方を置いて、そんな事出来ない」と。
念の為、少し休憩を挟んでから披露宴を開始した。


972: 名無しさん@HOME 2013/05/12() 21:54:23.05 0

流れ切って。 

妊娠中、職場の後輩に階段から突き落とされた

幸いにして、お腹の子供は無事だったけど、私の頭にはなぜ!?という二文字しか浮かばずパニック。 
後に、後輩と後輩の母親、私の夫、会社の上司を交えて話し合いを持ったときが修羅場。 
なぜこんなことをしたのかとたずねても、後輩はだんまり。 
代わりに母親がしゃべるしゃべる。 

「私はこんな子いらなかったんです」
「こうして私を困らせるのが好きなんですよ、この子は」 
「上のお姉ちゃんたちは、いい子ばかりなのに…この子だけは生まれたときから躓いてばかりの人生だわ」 
夫が顔をしかめてたしなめても、まだしゃべる。すると後輩が突然叫んだ。 

「お母さんは私をいらないって言うけど、先輩はそんなこと言わなかった!」 
「先輩は、初めて私を認めてくれた!!すごいって言ってくれた!!」 
「本当の妹より可愛いって言ってくれたのに、どうして私を置いて辞めちゃうんですか!」 
「そのお腹の子がいなくなったら、会社辞めませんよね!?」 


と、わんわん泣く後輩を呆然と見つめることしかできなかった。 
警察沙汰にはしないが、二度と近づくなと念書と慰謝料で片をつけた。 
彼女は精神科に通院することになって、その後はわからない。 

仕事をもできて、優しくて明るくて、本当に可愛い後輩だと思っていたから、すごく落ち込んだ。 
今はもう、彼女がどこで何をしているのかもわからないけれど、

あの母親からは逃げて、幸せなことを願ってる。  


このページのトップヘ