今日の人気記事

馬鹿

207: おさかなくわえた名無しさん 2012/08/08(水) 00:55:02.66 ID:383XrUOs
武勇伝かどうか微妙だけど…

高校生のとき、池沼が小学生だった妹を追っかけまわしてたからブン殴って撃退した。
泣いてる妹慰めてたら向こうの親が出てきて、ああだこうだと喚き散らす。
取り合えず無視してたが、しまいには「うちの子がいるの判っててここを通る妹が悪い」とまで言いやがった。
流石にキレて、
「ならテメエのガキが馬鹿な事しねえ様に見張ってろや。それもしねえ癖に親面してんじゃねえよ。
 妹になんかあったら、テメエ責任取ってくれんのかよ」
と言ったら、向こうは更にヒートアップ。
少しして警察が来て、俺はちょっとした注意で済んで、向こうはガッツリ搾られた。
家帰ってから気付いたんだけど手がボッコリ腫れてて、病院行くと指骨折してた。

妹の結婚式で、手紙の中でこのエピソードが出てきたんで書いてみた。
乱文失礼



419: 名無しさん 2014/04/20(日)23:56:20 ID:Pm5lbhOrU
いつも馬鹿にしてくる奴の頼みを利用した復讐って需要ないよね?


617: 名無し@おーぷん 2014/09/16(火)22:36:46 ID:4dkniw53I

最近あった気分が良くなった話を。

中学の頃の、なぜか所属していた俺の担任で野球部の顧問に嫌われてた。
勉強はそこそこ出来るし、運動神経も悪くわなかったんだけど、なぜか。
「お前みたいな奴は碌な大人になんねえよ」と、いつもみんなの前で馬鹿にされてた。

学年主任のそいつに逆らうこともできず、
試合にも3年間で1回も出させてくれず、と最悪なクソ教師だった。

それでも友達は小学生の頃から一緒に野球やってた奴らだったから、3年間部活をやり切った。
1度も休まず、1度も逆らわず。


んでこの前の話。
20年ぶりくらいに同窓会に行った。

俺は割といい大学に入ってそこそこの企業に就職したあと独立して、
今ではかなりの年収も稼いでた。

その同窓会の席には当然当時のクソ教師も居たんだけど、なぜか俺と目があってもすぐ逸らす。
俺がトイレに立ち上がると少しビクつく、って感じになってた。

多分風の噂に俺のことを聞いていたんだろうな。


同窓会の最後、結局最後まで俺の近くに寄らなかったそいつに近づいていって
「お 久しぶりです先生。○○ですよ。覚えてますか?中学の頃からあなたに馬鹿にされ続けた○○です。あの時あなたに馬鹿にされ、邪険にされ続けた理由は今でも 分かりませんが、そのおかげで精神的に成長出来ました。今では会社も経営していて順風満帆です。ありがとうございました」
って言ってやった。

その時のクソ教師の顔を見たらなんか心がスッキリした。

駄文失礼しました。

197: 名無しさん@おーぷん 2014/09/27(土)10:47:34 ID:c0zPCVcmz
カチムカっていうより、ちょっと悲しかったこと。
先日、児童館に行って自分の子と同じ年ごろの子供(Aくん)と会った
うちは3歳なりたてでまだ言葉が上手くなくて宇宙語だけど、Aくんは3歳半くらい?で、言葉がすごく達者。
それが私には羨ましくて、うちの子も早くあんなに話して欲しいな、なんて思いながら遊んでた

児童館の外の奥のほうで私と子が遊んでたらAくんがいきなり近づいてきて
「こん馬鹿野郎が!」と言った。

いきなりで子とビックリして固まってたらさらに
「こんな奥のほうで遊んだらダメやろが!」
「こっち来るやつはドアホで大馬鹿野郎なんだで!」
「馬鹿野郎が!こんドアホ!こん大ボケ野郎が!」と言い放った。
(ちなみに奥に来てダメな理由はない。遊具あるし。)

子は私にしがみついてきて、抱っこしたらぎゅっと目をつぶってAくんのほうを見ないようにしてた。
言葉は上手く出ない子だけど、言われてることはわかってるんだ。
今、子は傷ついてるんだ。
そう気づいてその場から逃げた(ちなみにその間もAくんは罵倒し続けてた)

Aくんママはとても綺麗で穏やかな人なので親の影響とも思えない。
今までは子の言葉が上手くないことに悩んでたけどあんな言葉づかいするくらいなら多少遅くてもいいやって今は思う。
Aくん、とてもお話が上手なのにと残念に思った。
子もショックだったろうけど、私も30余年生きてきてあんなに罵倒されたの初めてだよ…




295: 名無しの心子知らず 投稿日:2013/10/20(日) 18:08:48.50 ID:gw8xb7Zy
企業面接で面接官にpgrされた
昔からあるお菓子の名前だ

「変わった名前だねwご両親はどんな方かな」だって
名前でからかわれるのはもうずっとだったから、絶対に改名してやる
親に愚痴ったらそんな会社行かなくていいとか言ってるし、馬鹿か、こっちが選り好み出来るような時代じゃねえよ
どうしてもやりたい仕事だったのに、きっと落とされてる
子供には絶対に普通の名前付ける
結婚なんか出来ないかもしれないけどな



444: 愛とタヒの名無しさん 2010/12/10(金) 20:18:50
母の知人から聞いた話なので、私が見たわけではないのだが…
新婦(その知人の娘さん)のたっての願いということで、某高原にあるチャペルで式を挙げたんだそうだ
しかし、折しも巨大台風が襲来。親族は前の日から近所に宿泊していたので、欠席者が出ることはなかったが、
バケツをひっくり返したような土砂降りの雨。神父の声もかき消されんばかりだった、
幸い新郎新婦両親と式場の配慮で、列席者が屋外に出るイベントは屋内に変更
天気が悪くて残念だったねと言いつつも、つつがなく式は終了に差しかかる
ところがこの後、新婦は頑張った
「どうしてもやりたいことがある。前々から憧れていて、そのためにここで挙式を決めた」のだと
止める両親、渋る式場関係者を前に「なにがなんでもやる!」と譲らない新婦
それを見た新郎、「彼女につき合います」そのひと言でイベント決行

列席者が心配そうに見守る中、新郎新婦は二人で外に出て、馬車で教会の周りを一周した
新婦の母が言うには、その有様はまるで「二人が浸かった白いちっちゃなバスタブを馬が無茶苦茶に引きずり回していた」そうで、
帰ってきた二人は、ずぶ濡れで真っ青。新婦はベールは飛び、髪はぐちゃぐちゃ
激しい雨で息を吸うことも困難だったとか
「我が娘ながらほんと馬鹿よね~」
無謀な新婦につきあった新郎が一番不幸だったと新婦母の弁


888: 愛とタヒの名無しさん 2010/10/11(月) 09:40:39
朝から長文ですが。
昨日、急きょ結婚式に参加した

招待された?のはおとといの夜
新婦は義母のいとこの娘。
私たち夫婦(夫・子供2歳)はすぐ近所で別に住んでいて
土曜日はたまたま晩御飯を一緒に食べましょうと義実家に家族で訪問中。
7:00頃に電話が鳴ってそれから修羅場の始まり(カーーーン!)

電話をとった義母が困惑したような声で
「えっ?」「そんなこと…」「でも…」「言えないわ」
時々、ちらっと私を見てまた困ったように「無理だと思うわ」
いつもはきはきしてあっさりものをいう義母には珍しいな、と思いながら
夕食(焼肉でしたwww)の用意をしていると
「じゃ、自分で来て言って」と言って電話を切りました。
さすがに無視もできずに「どうしたんですか?」と聞くと
(主人や義父も興味深々でこっちを見ていた)
「私のいとこのAさん、知ってるわよね」と。
義母が一番仲のいい従姉妹だそうで、何度か会ったことがある。
「Aさんの娘が明日結婚式なのよ」
それはおめでとうございます
義母は式には呼ばれていないので、Aさんにお祝だけ渡したと以前にちらっと聞いている
「友達に招待状を出し忘れていたらしくて誰も来てくれないんですって」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・?
なんでそんな事態になるんですか?


949: 愛とタヒの名無しさん 2010/09/05(日) 04:04:26
パクった側が不幸だった結婚式+披露宴。

まずは私達の結婚式から。
式は旦那の姉が挙式したプロテスタント教会にて。
披露宴は、結構高級なステーキ専門店を貸し切り。
二次会は、知ってる人なら知っている喫茶店を貸し切り。
(ただし参加してくれたメンバーは一切その価値を知らなかった。
私もその辺のところを全く知らないので、私にとっても価値はないw
その後話題に出来ただけ)

旦那の友人Aの結婚式。
式は丘の上のカトリック教会。
披露宴は、少しお高いファミレスを貸し切り。
二次会は、カフェバーを貸し切り。披露宴会場から無茶苦茶遠かった。

この時点ではパクられていると気付かなかったのだが、後日旦那と友人Aの
共通の友人Bからタレコミがあった。
「友人Aが、お前達のせいで周りから非常識と言われるようになったとか言ってますが」
はあ?

まず式について。
私達は旦那の姉が挙式したところだからスムーズに行ったが、あちらは
「何ちゃってチャペルじゃなく本当の教会で挙式って素敵よね~♪」
と自宅の最寄りの教会をチョイス。それが厳格なカトリック教会だった。
式の前に何度も礼拝に行く必要があったとか。


908: 愛とタヒの名無しさん 2010/09/04(土) 14:50:35
微笑ましくもあるけど、雰囲気が微妙だった式

うちの職場の女上司(当時36歳)の結婚が決まった。
招待されたのは上司の上司以外は同じ係の私と私の先輩だけだった。
…が、突然隣の席(=隣の係)にいるA君が「いいなー。俺も結婚式いきたいなー」と声かけてきた。
上司が苦笑いしながら「A君は隣の係だし、人数制限もあるからごめんね」と言ったのに
「えええええ。俺もお祝いしたいっすよ。上司さんのこと好きだったから、諦めるために招待してくださいよー」
さすがに無理だよ、と笑い飛ばしたんだけど、このA君、直接新郎(同じ職場の違う部署)のところにまでいって
何と新郎側招待客名簿に加えてもらった。
(余談ですが、A君は確かによく上司のことをタイプだ、結婚したい、いや、結婚してください、と
飲み会の席なんかで言っていて、ちょっと本気なのか?と思う部分はあった。)

当日、式場にいってタヒぬほど驚いた。
何とA君、白のタキシードで登場。
「似合いますか?」とか聞いてきたけど、それはダメだろ、と思わずマジで説教した。
先輩も合流して「それはヤバイよ」「どこかで普通のスーツ調達できないの?」といったんだけど
「欧米じゃ普通っすよ」「まぁ、俺も花婿みたいなもんだし(?)」と聞く耳もたず。
親族の人が「何あの男?」とヒソヒソと言っていたので、他人のふりしたかった

しばらくして、新婦が控室にはいっていくのを見かけたA君は
「上司さーーん!!」と叫びながら走って追いかけ、「俺今日男前っすか?超男前っすか?」と声をかけると
上司も目をまん丸にしながら「え・・・うん・・なんか、凄い格好だね・・・」と目をぱちくりさせて答えていた。
「やった!俺今日男前だって!すっげ!新郎なんて目じゃないっすよ!
あ。私さん!先輩さん!俺の鞄もってきて!写真とって写真!新郎新婦っすよ!!」と大はしゃぎ
さらに親族の「何あの男」度数は高まる一方。
「お姫様抱っこしてとりましょうよ!」と後に回り込もうとするのを必タヒで阻止しながら
「ドレスがシワになるから…ね。疲れたし、ちょっと座らせてね」と控室に逃げ込む上司。
その後、控室に入る新郎をみかけると「新郎さん!今日俺も新郎っすよ!ガチンコですよ!(?)」と新郎を苦笑させた。
もうこの時点から嫌な予感しかしなかった。


504: 愛とタヒの名無しさん 2010/08/24(火) 13:53:34
中学の同級生(♀)の結婚式。

式の開始が30分程遅れ「何かあったのかな・・・」と
一緒に出席した友人と心配していた。
いざ始まってみると新婦は泣き腫らした目。
教会から出てフラワーシャワーの段になっても、目は真っ赤で顔はむっつり。
披露宴でもその状態が続き、笑顔を見ることが出来なかった。
ちなみに二次会は体調不良のため、新郎新婦は急遽欠席。
私と友人は、今日のあれは何だったのだろう?と
疑問に思ったまま家路に着いた。

翌日、新婦母から私の母経由で謝罪の電話が入った。
それによると

・ドレスの候補が2着に絞られ、どちらにするかの最終判断を
 新婦は新郎に託した
・気に入らない方のドレスを選ばれたが「あなたが決めてハート」と言った手前
 引くに引けず
・当日新郎が選んだドレスを着て「やっぱり私が着たいのはこっちじゃない」
 と確信
・しかし着たかったドレスは他の支店にあり着られず
・ごねて式の時間が遅れた

今でも新婦の前では結婚式の話題はタブーになっている。


このページのトップヘ