今日の人気記事

タヒ亡

787 :名無しの心子知らず 2011/10/10(月) 16:13:36 ID:JfBLanWK
そういうガキは川に放り込んじゃえばいいのにw

近所に輪をかけた放置子がいて小動物虐待あり(学校の兎の耳を切ったり)の
自分より小さい女の子のパソツ見たがったりので酷かった
高学年になってから低学年の子のパソツ脱がして触ったりして
ものすごく問題になってたけど両親の旅行中ある日川に落ちてタヒんでた
警察は事故って意見でそれで終わったけど
何年かたって川の近くに住んでたままともから聞いた話では
叫び声とやめてと泣いてる子供の声を聞いた人多数だったって
誰もそれを警察に言わなかったみたい

大きくなったら酒鬼薔薇になるってもっぱらの噂だったから
誰一人同情しなかった
親も形ばかりの葬式をしてすぐ引っ越してった


872 :1/4 2012/02/06(月) 20:00:38 0
長くて申し訳ないが暇つぶしにでも。当方小梨の既婚男、柔道で食べてる人間。

長年親しくしていた知人の子供が病気で亡くなった。
生まれてすぐに発病して6年間闘病、ランドセルを祖父母に買ってもらった直後に意識をなくして
そのまま帰らぬ人となった。
5歳まで生きられたら奇跡と言われていた子供だったから、知人夫婦も知人両親も覚悟はできていたからと
気丈にふるまっていたものの、実際には精神的にぼろぼろになっていて葬式もまともにできないので
手伝いに来てほしいと頼まれたので俺夫婦で行ってきた。

通夜・葬式は知人宅で行うことにした。
まだ新品同様のランドセルを棺の近くに置いてほしいと知人夫婦に頼まれたので玩具やノート、文房具類と
一緒に置いておいた。

747 : 2013/06/15(土) 01:25:27 0
ここで良いのか分からないけど。

四年前、モラハラ父が逝った。
遺産である都内の家
(うちは引っ越して田舎住まい)を、どうするかって話しになった。
その東京の家には叔父が陣取っていた。
細かい話は端折るが、我が家は叔父に父が建てた家を乗っ取られた形。
おかげで金銭面で、子供の頃から散々苦労させられた。
だけど、もう生活基盤は田舎で確立しちゃってるし、
家自体古くなって資産価値はゼロ(土地は借りてた)。
それにあんな奴、二度と顔も見たくない。
悔しいけど東京の家は叔父にやってしまおうという話になった。
叔父、大喜び。

1週間後、叔父タヒ亡の電話。
旧式の風呂釜で、足の悪かった叔父は生きたまま煮られちゃったらしい。
あの時真剣に、神様って本当にいるのかもしれないって思った。

93 :おさかなくわえた名無しさん 2013/11/29(金) 17:48:20 ID:0udJAx2s
スレチだったら許して。
夫の実家はいわゆる「代々続く大きな家」。
そんな家の、私から見た義祖父のこと。夫の父親の父親。
1945年の原爆のせいで義祖父の行方が不明に。間も無く終戦を迎え、義祖父の職場から懐中時計や写真立て、帳面なんかが義祖母(夫の父親の母親)の元へ届いた。義祖父は遺体不明のタヒ亡扱いで故人に。
いわゆる大きな家の次代がタヒんでしまった。しかも、戦争の中子供が生まれても幸せにはなれないと時の当代だった義高祖父(夫の父親の父親の父親)が言ったため跡取りなし。家中が悲しみに包まれた。
その後しばらくして、四十九日の法事を義祖母らが執り行った。その最中のこと。
戸を開ける音と「タヒ人が戻ったぞぉ!」の声。義祖父はタヒんでいなかった。
要約すると、あの瞬間何が起こったのか大凡分かった義祖父は近くの家に飛び込んで壕を掘り、時間が経ってからひたすら西へ西へと移動を続けていた。
義祖父の理論では「偏西風で線量が減った頃」を計らって帰宅したとのこと。
義祖父が生きていたことに一族大喜び。話は義祖父の戸籍の回復に変わった。でも義祖父は回復しないことを選んだ。
義祖父「一族の中にいる人材さえあれば戸籍などなくて構わない。」と。皆が説得しても「今後こんな奴は現れないだろうから、いい例だと思ってくれ」と。
結局そのままで、義祖父は文字通りの生霊として過ごすことに。
1949年、義父が誕生。岐阜の戸籍の父親欄は空白。義父が義母と結婚する時もこの話になったんだとか。
戦争で生霊になったけど、宣言通り一族の人たちに支えられながら生き続けてる義祖父。この話を聞いた時ぶっ飛びそうになった。
そんな義祖父は先日104歳に。灯油のポリタンクを2つ持って歩きでスタンドへ買いに行く。
信じてもらえないかもしれないけど、本当の話。

このページのトップヘ