556 :名無しさん@おーぷん 2015/09/01(火) 17:53:24 ID:oNA
自分の本性.も自覚することになった友やめ

親友と言っていいくらい仲がよかったと思う、向こうも私を親友だと言ってくれた
いわゆる恋愛体質ではあったけど学生時代は普通の範囲内だったはず
就職したあたりから二股不倫中絶ス㋣ーカーを繰り返しと恋愛系メンヘラまっしぐらだった友
でも恋愛系のそれらを除けば凄くいい子だったし、私がトラブルに巻き込まれた時は支えてくれた
2回目の中絶あたりからリスカ等も加わりどんどんヤバイ方向へ行っていた
不倫相手の奥さんにバレて攻撃されても不倫を止めず、しかし同時進行で元彼に復縁目的でス㋣ーカーをするとかもう何が第一目標なんだか
(奥さんもヤバイ人だったみたいでバラバラにした人形を友人宅に送り付けたり下ネタ満載罵倒メールを送ったりしてた、それを見せられて私もちょっとダメージ)
不倫相手が会社を止め引っ越し完全に逃げたあたりで一旦落ち着いたけど、
彼女いる人に強引に迫って2号になったり、それはそれで他に新彼つくったり、やっぱり上手くいかずに何かと才柔めたり
そのたびに愚痴メール、電話がきてた

そんな中起きたのが311
その当時友は首都圏、私は被災地と呼ばれる範囲内に住んでいた
とはいえ私自宅は高台で津波関係なし、幸い怪我も無し、テレビや皿が割れた程度
友は心配して繋がるまで電話をかけ続けてくれた
そして当日深夜に電話がつながった
「自分も帰宅難民なのに私を心配してくれたんだな」と思ったし、実際それは事実
でも友は私の無事を確認すると「でもね、聞いてよ~こんな時なのに彼が冷たくって~~とか言われて」といつもの恋愛愚痴を始めた
なんていうかそこでスッと冷めた
停電して真っ暗な部屋に一人でいるその時に恋愛の愚痴を聞かされてあ…ってなった
停電してて携帯の充電がヤバイからとそそくさと電話を切り、その後FOした
友はFOしようとしてる気配を感じたらしくメールと手紙が来たけど無視
その後携帯番号も変え引っ越しもして今はどこでどうしているやら状態
こないだ共通の友達の結婚式があったけど、友はそこに呼ばれていなかった(正直ほっとした)のでもう会うことも無いと思う

友のやらかしたごたごたは友やめがおおげさじゃない内容だとは思うけど、
きっかけが「自分の心配より彼氏の愚痴」、それによる失望だったと自分の本性.も少し笑えた

最近まとめで友人の黒い過去をバラしてどうのこうのというシリーズが多かったんでカキコ
もっとも友人に縁談があっても知ることはないだろうし興信所も私までたどり着けないだろうと思う
でももし来たら私はどうするんだろうか、ばらすんだろうか、正直その時になってみないとわからない