今日の人気記事

GJ

295: おさかなくわえた名無しさん 2007/10/03(水) 04:06:38 ID:0IGHYmI8


 
私のダンナは、以前はよく友人や親戚を家に呼んでいた。 

そのたびに私は胃がキリキリしながらも「これも妻の務め」と精一杯もてなした。 

多いときは7~8人呼ぶこともあり 
私は持病の坐骨神経痛の痛みに耐えながらずっと台所に立ち続け 
大人数に見合う酒の肴(ダンナの友人は酒豪が多い)や料理をひたすら作り続けた。
ダンナはといえば、客らと私の知らない趣味関係の話題などで盛り上がり 

私に対してはたまに「つまみがそろそろ無くなりそうだぞ~!」と声を張り上げるだけ。 

もちろん料理を運ぶのさえ手伝おうとしない。
ダンナが呼ぶ客の中には女性がいることもあったけど
彼女達も私を手伝うなんて思いつきもしないのか、どっしりと座りこんで
私が運ぶ料理を当たり前のように食べ散らかし

空いた皿もほったらかしで「なんかテーブル狭いね~」とか言っている。

それどころか「もうお酒がないんですけど~」と背中越しに私に催促する始末。

そうやって私は休日のたびにダンナが連れてくる不躾な客たち+ダンナを

たった一人でもてなしていた。


253: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2009/05/16(土) 12:53:46 ID:XnLSCQLU

昨日の昼下がりのこと。 
小田急線に乗っていたら(立っている人がチラホラ) 
生田駅でどやどやと学生さんが乗って来て、一気にちょい混み状態に。 
その学生さん達は楽しそうにおしゃべりしていました。
正直なんでそんな大声で話さなければならないのかと思う位にはうるさかったが、そこまではいいとしよう。 
そしたらその中の一グループの学生さんらしき男性が、かかってきた電話に出て大声で話し始めたんですよ。内容も取るに足らないような雑談的なもので、
「マジ~ぎゃはは」 
といったような大声が響きわたったのでした。

私は内心常識外れの学生さんに苛立ちを感じましたが、注意する勇気もなく・・・
そしたら、近くに立っていたサラリーマン風の30代位とおぼしき男性が、その大声携帯学生風の男性に向かって、
「君、携帯通話ご遠慮下さいって書いてあるだろ。学生さんだろうから日本語位読めると思うけど、
それでいて最低限のマナーも守れないのであれば、携帯を持ったサルとなんら変らないではないか。」
といったようなことを穏やかながら毅然とした態度でおっしゃっていました。
言われた学生さんは気まずそうにしながらもすぐ電話を切りました。
そのあとが凄かったんですが、席を二席独占して化粧していた女子大生に、
「立ってるお年よりもいるのに席を二つも独占して何も感じないのか」
大声でキャアキャアしゃべっていた女子グループに
「そんな近くの人と話すのにそこまで大声出さなくても聞こえるだろう、人の迷惑も少しは考えて下さい」
と言ったのです。
その後は化粧の子は自分のバッグをひざに抱え化粧をやめ、うるさかった女子達は抑えた声で話し、その男性は何事も無かったように本を読み始めました。
周りはほぼ学生さんだらけのいわば完全アウェイであれは凄かった・・・
あと、携帯を持ったサルっていう文句に胸がすっとしたのでした

18: 名無しさん@おーぷん 2014/06/19(木)16:04:23 ID:6lMR7NSmV

すみません、初書き込みです。

私には妹がいるのですが、誰に似たのか可愛い。
モデルにスカウトされること数回。自慢。
進学で私が住んでる町の少し離れたところに引っ越してきた。
一緒に住んでも良かったのだが、
親の自立の為には一人暮らしが必要という方針のもと、妹と近距離別居。
とはいえ心配でご飯差し入れたり、雑貨をわけたりと交流は頻繁だった。
いつものように、おかずのお裾分けにと
妹のバイト終わりに自転車で妹の家へ向かった。
そしたら防犯ブザーの音がかすかに聞こえる。
嫌な予感がして激こぎして向かうと3人くらいに囲まれてる我が妹。
いったいどういうつもりか聞こうと近寄ると殴りかかってきた。
よく見たら妹泣いてるし顔が赤い。
もしやコイツら妹殴りやがった!?とパニック。
そこからあんまり覚えてないけど気付いたら私血塗れ。
男3人も血塗れで呻いてる。
とりあえず警察につれてかれた。

正直に覚えてないと話すと怪訝な顔をされたが、
妹と、警察呼んでくれた人が証言してくれて私開放。
男3人は捕まったと聞いた。
私は殴られても殴られても向かっていったらしい。
んで、自転車ぶん投げたらしい。しかも何回も。
男3人のうち一人は指の骨折っていたみたい。
私も結局頭を切っていて二針ほど縫ったけど(だから血塗れになってもーた)。
妹は顔とお腹を殴られてたけど傷は残らなかった。
これだけは本当に良かった。
過剰防衛で訴えられたけど、
妹をそういうことが目的で拉致しようとしたこと、私が女だったこと、
空手とかの段位もない素人だったことが幸いして無罪だった。
慰謝料請求に素直に応じたから相手方の親は悪い人ではなかったのかもね。

買ったばかりの自転車が即廃車になってしまったことと、
実家の親に号泣されたこと、
そして病院にきた彼氏がテンパってプロポーズしてきたことが修羅場。
あ、ちなみに妹は精神的後遺症も残ってないです。
私の鬼のような姿の方がトラウマらしい…

188: おさかなくわえた名無しさん 03/09/15 09:44 ID:aDW2cPVG

近所の神社で祭りがあり、俺は参拝の順番待ちで並んでいたのだが
列の途中がなぜか曲がっていた。
そこへ近づくと5人のDQNが境内の石段で屋台のたこ焼き、から揚げ
焼きそばをつまみに紙コップのアルコール飲料10杯以上を空にし宴会状態で騒いでいる。
かなりヒンシュクをかっていたため社務所の人が来て注意はしていたものの
酔っぱらいDQN供は小バカにしたように「ハイ、ハイ」というばかりで
一向に止めようとはしなかった。
するとさっきまで神輿を担いでいたイナセな若い衆10人位とテキヤの兄ちゃん達
4人がDQN供を取り囲み「ゴルァ!」と一喝、そしてヤツラを神輿さながら担ぎ上げ
チョッと離れたゴミ捨て場へ放り投げた。

そこへ祭りの責任者らしき人が現れDQNに冷たく
「人様に迷惑かけるなら来てもらわなくて結構ですから」
さらにテキヤの責任者が追い討ちを
「ゴルァ クズ供 オメーらはそこが似合いの場所だ、バカ騒ぎするならそこでやれ!」
あまりのことに酔いも覚めてしまったDQN供はビビリまくりダッシュで帰っていった。

俺は心の中で(good job!)と思うとともに、酒やつまみをしこたま売ったのは
神社にある店やテキヤサンあんたらでしょとやはり心の中で突っ込んでしまった。

560: 名無しさん@HOME 04/12/28 10:36:10

息子マンセー、都合の悪いことはみーんな嫁。のトメの口癖は
「息子はすぐに丸め込まれるお人好しなんだから」。
先日夫婦喧嘩したあと(チャンネル争いorz)

「こんなことも譲らない人なんかに丸め込まれて嫁にするからよ」と嘴をつっこんできた。
「…ええー?こんなことも譲らないのはお互い様だけど、私はすぐに丸め込まれるような
情けない人と結婚しちゃったんだ?○○くんってそんな人だったんだ、結婚相手間違えたなぁ」
「な何言ってるの、息子タンがそんなわけないじゃない!」
「あ、そう?良かった、○○くんが私に丸め込まれたわけじゃなくて(ニヤリ」
「……ホントに減らず口なんだから」
「私の口が減らないんじゃなくて、義母さんの口が余計なの。多いの。」

ダンナは「口喧嘩できるほど仲の良い嫁姑のコミュニケーション」だと
思っているせいか何も言いません。馬鹿め…

844: おさかなくわえた名無しさん 2006/08/26(土) 17:46:17

うちの犬の武勇伝。

今日の朝、オカンが庭の植木に水やりに出て行ったら、うちの犬に激しく
吠えられた。
最初は何を興奮してるのか判らなかったから犬をなだめてたんだけど、

そのうち家の壁にも吠え出して、オカンと壁と交互に吠え出した。
壁に何かあるのかと思ってよく観察してみたら、壁じゃなくて、その上の
屋根のひさしの下にけっこうデカイ(アシナガ?)蜂が巣作り中でした。
その後はオカンと一緒にそれぞれ両手にジェット噴射の殺虫剤持って
蜂退治。犬が吠えて知らせてくれなかったら刺されてたかも。
ご褒美に好物のジャーキー多めにやりました。


612: 名無しさん@HOME 2010/01/30(土) 21:05:40 0
コトメ至上主義のウトと、図に乗りまくりの毒コトメ(トメは鬼籍)。
義兄夫婦と私たち夫婦で義実家に行き、
外食してたらまたコトメが嫌味を言ってきた。

コトメ「義兄嫁さん(妊娠中)超デブになったねww女捨ててるww」
ウト「顔もパンパンだなぁわははは」

コトメ「揃いも揃ってブスだよねwあんたらホント女の趣味悪ww」
ウト「そこは俺に似たのかぁ?俺も苦労したもんだわはははは」

コトメ「やっぱ結婚すると老ける~www私年上だけど絶対私の方が若く見えるって~www」
ウト「ホントだなぁ、コトメはいつまでも奇麗だしなわはははは」

コトメ「幾ら妊娠したからって専業って…wwていのいいニートじゃんwww」
ウト「お前(私)は外で働いて旦那の世話もしないから子供も出来ないんだ」

その都度怒りそうになるが、義兄嫁さんが止めるのと、公共の場だからと我慢。
でもいい加減義兄が切れて、
「いい加減にしろよ!」と怒鳴ると、義兄嫁さんが
「何もそんなに怒らなくても。例えばだよ、お父さんに
「俺はここがフサフサだけどお前は禿げてるな」って言われて腹立つ?」
ウトはてっぺんハゲの後頭部にちょっと毛が残ってる。
「何言ってんだこの禿はって思って呆れて終わりでしょ?
それと同じでろくに仕事もしてない行き遅れブスにニートだデブだブスだって言われてもねぇ…
なーんか腹立たないんだよねぇ。お父さんなんて超メタボだし」
「確かに義兄嫁さんの方が美人でスタイル良いですよね~」
義兄も夫も妙に毒気の抜けた顔で「ああ、なるほど…」w
ウトが真っ赤になって「二度と来るな!」って叫んでたからもう二度と行かない事になったw
義兄嫁さん、切れ味が凄まじいなw


このページのトップヘ